shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
女心くすぐる「おもてなし」 三宮に「ホテルケーニヒスクローネ」開業 

旧居留地近くにオープンした「ホテルケーニヒスクローネ神戸」=神戸市中央区三宮町2(撮影・宮路博志)

枕などに子グマのキャラクターがあしらわれた客室

 洋菓子メーカーのケーニヒスクローネ(神戸市中央区)が、神戸・三宮に直営の「ホテルケーニヒスクローネ神戸」を開業した。宿泊客に「ウエルカムスイーツ」として自社の洋菓子を振る舞うなど、女性を意識したサービスを行っている。

 旧居留地の近くに位置し、10階建て94室。以前は同社の洋菓子店と駐車場があったが、店の建て替えを機にホテル事業への参入を決めた。

 1、2階はカフェで、宿泊客にはバイキング形式の朝食を提供する。焼きたてのパンやケーキを並べるほか、果物は丸ごと出して宿泊客が自分で皮をむいて新鮮さを楽しむスタイルにするという。

 最上階は女性限定フロア。全客室に「レモン」「ピスタチオ」など洋菓子にまつわる名前を付け、連想するカラーで内装や家具を統一した。枕やスリッパなどには同社の子グマのキャラクター「ポチ」をあしらっている。1人1万2千円から。

 同社の濱田秀世社長は「洋菓子店ならではのもてなしで宿泊客を笑顔にしたい」と話している。

(2013年12月18日神戸新聞掲載)

戻る