shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
チョコ世界大会 3作品が金賞 三田の「パティシエ エス コヤマ」

3作品で金賞に輝いた小山進さん=ロンドン(「パティシエ エス コヤマ」提供)

 世界最優秀のチョコレートを決める「インターナショナルチョコレートアワーズ2013」の表彰式が日本時間の20日、ロンドンであり、三田市の洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」の出品作のうち3作品が金賞、2作品が銀賞に輝いた。日本からの受賞は初めてという。

 同大会は2回目。13年2〜9月、米国やカナダなど5カ国で予選があり、本大会には世界の約70団体が150作品以上を出品した。

 米国予選を勝ち抜いたコヤマの5作品はすべて入賞。板チョコ部門で京都の万願寺唐辛子や大徳寺納豆を使った2作品、ボンボン部門で南高梅とアーモンドプラリネを合わせた作品が金賞を獲得した。

 板チョコの2作品は、各部門の金賞から3作品に与えられる特別賞「ゴールド&クリスタル」も獲得した。

 毎年カカオの生産地に足を運ぶというオーナーの小山進さん(49)は「カカオの生産者と自分が求めているものが同じだと確信できた」と受賞の喜びを語った。受賞作品は11月末に同店で発売予定。

(2013年10月21日神戸新聞掲載)

戻る