shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
グリコ商品で神戸市PR 連携協定締結し第1号チョコ発売へ

包括連携協定を結んだ神戸市の矢田立郎市長(左)とPR用の新商品を手にする江崎グリコの江崎悦朗取締役専務執行役員=神戸市役所

 グリコの商品を通じて神戸の情報を広く発信しようと、神戸市は7月3日、江崎グリコ(大阪市)と包括連携協定を結んだ。9月下旬に発売する新商品「神戸ローストショコラ」がPRの第1号商品となり、パッケージで観光面の魅力を伝える。

 同社は、神戸市西区に工場と見学施設を兼ねた「グリコピア神戸」を設けるなど同市と関係が深い。今回、神戸にちなんだ商品の開発にあたり、商品の魅力を高めるため市に連携を持ちかけた。

 市側も今春、民間と協力して地域経済の活性化を目指す「公民連携推進室」を新設しており、今回の新商品を、企業の商品を通じて神戸の魅力を発信する「KOBEスペシャルPRパートナー」に初認定した。

 神戸ローストショコラは、市内の工場で自家焙煎(ばいせん)したカカオを使って「神戸らしい洋菓子のような商品」(同社)に仕上げた。「ふるさと納税」をした人に配布したり、市のイベントに出展したりしてPRする。

 また、同社は備蓄用として主力商品の「ビスコ」を市に提供。今後、災害発生時の食糧提供についても協議する。

 矢田立郎市長は「双方にメリットのある連携事業を進めたい」と強調。同社の江崎悦朗取締役専務執行役員は「さらなる商品企画などを検討したい」と話した。神戸ローストショコラ(2種類各358円)は、9月24日から全国で発売される。

(2013年7月4日 神戸新聞掲載)

戻る