shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
神戸商業高 菓子やパンなど販売学ぶ店舗開設

実習店舗「アンフィニ」で商品などを販売する神戸商業高校の生徒たち

 神戸商業高校(神戸市垂水区星陵台4)の生徒が店頭に立ち、企業と共同開発した菓子やパンなどを販売する実習店舗「アンフィニ」がこのほど、同校前にオープンした。同校では商店街の店を期間限定で運営する実習はあるが、常設店の開設は初めて。全国の商業高校でも珍しいという。

 神戸商業高の産業調査部(15人)の部活動の一環。6月9日、学校の向かいにある空き店舗を使って開店した。部員が交代で店に立ち、レジ打ちや商品の袋詰め、陳列などを担当する。

 同校の生徒は2005年から毎夏、同区の垂水廉売市場で実習販売を体験しているが、期間は5日程度。継続的に生徒が経験を積める方法を探していたところ、須磨区のパン店「小麦庵 ラシュエット」を運営する会社「アクティブ」(三木市)が協力を申し出た。

 店内では、生徒と県内の企業が共同開発したせんべいやおかき、生徒のアイデアを取り入れたパンのほか、交流のある上郡高校(上郡町)の生徒が作ったジャム、農業高校(加古川市)の牛乳などを販売する。ラシュエットの商品も並ぶ。

 3年の寺脇幸樹部長(17)=灘区=は「値段や特徴など商品のことをきちんと理解していないといけない」と接客の難しさを実感。「何度も来てくれるお客さんもいてうれしい。いい経験になります」と喜ぶ。

 アンフィニの営業時間は月〜土曜日の午前8時〜午後6時。平日の開店〜午後3時半はアクティブのスタッフが店に立つ。同校TEL078・707・6464

(2013年6月29日 神戸新聞掲載)

戻る