shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
赤トンボ舞う菓子完成 たつのの新しい名物に

手作りの型で焼き上げた「赤とんぼフィナンシェ」=たつの市龍野町富永

 童謡「赤とんぼ」ゆかりのたつの市をPRしようと、同市内のコーヒー専門店が赤トンボの柄が浮き出たフィナンシェを焼き上げた。市内在住の版画家や彫金師も協力し、包装などにも、たつのらしさにこだわった新名物に仕上げている。

 同市龍野町富永、「サタディサン」の石原功大店長(40)が、手にとって印象に残るお菓子を、と企画した。知り合いの彫金師谷口秀作さん(55)=同市龍野町堂本=に焼き型を依頼。神社などの飾り金具を作る谷口さんが技を生かし、銅板から48個の型を一つ一つ丁寧に打ち出した。

 持ち帰り用の箱には、地元の版画家乾太(いぬい・たい)さん(83)の作品をデザイン。石原さんの祖父で写真家の故石原文之助さんと親交のあったことが縁で実現した。

 「2人の作家のおかげで完成した。手土産などとして楽しんでもらいたい」と石原さん。5個入りボックス500円、1個130円。

 同店TEL0791・63・1999

(2012年11月23日 神戸新聞掲載)

戻る