shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
小野市特産のイチジクで洋菓子を開発

規格外のイチジクを活用した菓子=神戸市中央区海岸通、県農業会館

 JA兵庫みらい(加西市)と菓子メーカーの昭栄堂製菓(神戸市垂水区)が、小野市特産のイチジク「おのこまち」の規格外品を活用したパウンドケーキとロールパイを開発した。加西、小野、三木市内にある同JAの直売所計4店舗で販売している。同JAによるイチジクの加工食品は今春に開発したようかんに続いて2例目。

 国の農商工連携助成を活用。イチジクは傷が付きやすく、小売りできずに廃棄せざるを得ない実が多く発生するため、同JAが昭栄堂と活用策を企画した。

 今回は、同JAが生産農家から2トン以上を回収。ピューレ状に加工したものを、昭栄堂が練り込み菓子にした。同JAは「加工品への利用を拡大し、おのこまちのブランド力強化にもつなげたい」と話している。

 パウンドケーキ1袋450円、ロールパイ1袋320円。同JATEL0790・47・1282

(2012年11月20日 神戸新聞掲載)

戻る