shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
安納芋をスイーツに 六甲山グルメキャンパス

プリンやスイートポテトをつくる主婦ら=神戸市東灘区御影山手4、六甲山グルメキャンパス

 人気洋菓子店が点在する神戸市東灘区御影の住宅街で、鹿児島県種子島特産のサツマイモ「安納(あんのう)芋」を使ったプリンやスイートポテトなど菓子製作に、主婦らが取り組んでいる。安納芋は濃い甘味とねっとりとした食感が特長で、神戸ブランドの認定商品にも選ばれた。主婦らは「御影名物に」と意気込んでいる。

 活動拠点は、同区御影山手4で5月に設立された株式会社「六甲山グルメキャンパス」。経営者の松本文一郎さん(63)はサツマイモの家庭菜園の趣味が高じ、特長ある安納芋を焼き芋にして、3年前から自宅やインターネット通販で販売してきた。

 製菓材料として菓子店などにも販売し2千万円を売り上げるようになったが、一般にも知ってもらおうと新しい菓子づくりを始めることに。レシピは料理教室を開く近所の主婦に頼んで考えてもらったところ、プリンやスイートポテトの評判が上々で、今年に入り販売を開始した。

 神戸市産業振興財団が地元産品のブランド化を進める企画「神戸セレクション」にも応募し、本年度の認定を受けた。

 現在、10人の主婦がアルバイトとして会社の調理場に週2、3日通って製造を手伝っており、松本さんは「御影マダムが手掛ける味として、全国に売り込みたい」と話している。

 同社ホームページから取り寄せられる。同社TEL078・858・6008

(2012年10月16日 神戸新聞掲載)

戻る