shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
ヒマワリ種入り 「しかステラ」発売

ヒマワリの種が入り、新しくなった「しかステラ」を手にする中和堂の平田さん=佐用町佐用

 佐用町に生息するシカにちなんだネーミングのカステラ「しかステラ」が新たな食感で生まれ変わった。町花ヒマワリの種を生地に練り込み、つぶつぶした食感を実現。「ステラ」はラテン語で星を意味し、金星が太陽の表面を通過する6日、発売される。

 同町ではシカ肉を有効活用した商品開発が盛んで、「しかコロッケ」がある。

 カステラは、同町商工会青年部が企画し、2006年から販売。シカ肉は入っていないが、黒砂糖が揚げたてコロッケのような色を演出し、しかコロッケの“弟分”として親しまれている。

 製造を担うのは、1937(昭和12)年創業で、これまでにも特産品開発を手掛けてきた菓子店「中和堂」(佐用町佐用)。小麦粉やバター、ハチミツなどを使った生地に今回、地元産のヒマワリの種を砕いて加えた。「風味や味はそのままで、新しい食感が楽しめる」と同店代表平田昭男さん(51)は話す。

 包装紙も、コロッケをPRするゆるキャラ「コロたん」をあしらい一新。価格は5個入り650円(税込み)。県立大西はりま天文台や道の駅宿場町ひらふくなど町内6カ所で販売する。佐用町商工会TEL0790・82・2218

(2012年6月6日 神戸新聞掲載)

戻る