shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
菜の花油でお菓子作りを

淡路島産の菜の花油の販売促進を担う「菜の花ブランド推進ワーキンググループ」(事務局・洲本市)は、菜の花油を使ったお菓子の材料を詰め合わせたギフトセットを開発した。19日には、同市のウェルネスパーク五色で試食会があった。

 島内の休耕田などに植えた菜の花から油を搾り、使用した油を車の燃料に再利用する「菜の花エコプロジェクト」の一環。同グループの一員、NPO淡路島アートセンター(洲本市・AAC)が昨年12月、料理創作ユニット「Goma」に協力を求めた。

 Gomaは女性3人組で、料理、食に関する雑貨の本を出版。豊かな自然と明るい太陽、農家のおおらかな人柄にふれ「淡路島の良さを語り合う機会をつくりたい」と、ギフトセットを思いついたという。

 セットには菜の花油のほか、藻塩やはちみつ、炒めたタマネギ(レトルト)などが詰められる。Gomaが考案したクッキー、パウンドケーキ、マフィンのレシピが付く。小麦粉など足りない食材は自身で補う。

 試食会には約10人が出席し、レシピ通りに作った。「頬張ると香ばしい菜の花の風味が広がる」と評判は上々。AACの中田アユミ理事長(37)は「家族や友人と料理をしながら、淡路島の話で盛り上がってほしい」とアピールしていた。

 価格は3千円前後で、7月以降の発売になるという。ギフトセットの問い合わせは、洲本市農政課TEL0799・33・1924

 同社TEL0794・62・7373

(2012年3月20日 神戸新聞掲載)

戻る