shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
平家ゆかりの地 福原の老舗店 焼き菓子で清盛PR

 神戸市兵庫区でせんべいなどを手がける菓子店「梅香堂」が、NHK大河ドラマ「平清盛」の放映を機に、和風クッキーと薄焼きハードワッフルなどを詰め合わせた「清盛物語」を売り出した。菓子の表面には、同店独自のキャラクター「清盛くん」と平家の家紋「揚羽蝶(あげはちょう)」をデザイン。今月下旬に開館する神戸ハーバーランドの「ドラマ館」と兵庫区の「歴史館」でも、おみやげ品として並ぶ。

 同店は、清盛が遷都した福原京と名が同じ「福原町」で、昭和初期から営業する老舗。瓦形の和風クッキーに焼き付けた“ゆるキャラ”「清盛くん」は、同店の田中隆史専務(38)が知人にデザインを依頼した。

 薄焼きでバター風味豊かなワッフルは、3年前に兵庫県立神戸商業高校(神戸市垂水区)と共同企画したオリジナル商品を改良した。粉状にひいた無農薬の茶葉を生地に練り込み、平家の家紋を施して焼いた。

 このほか雪の結晶をモチーフにしたせんべいにも家紋を施し、計3種類の焼き菓子が完成。和風クッキーと残る2種を組み合わせ、30枚入り(千円)と22枚入り(900円)に箱詰めした。

 菓子は店舗に併設した工場で製造する。田中専務は「味に自信がある。『福原』という町の名前と清盛を全国に発信する担い手になりたい」と話している。

 日曜定休。同店TEL078・575・0108(午前9時〜午後5時)

(2012年1月12日 神戸新聞掲載)

戻る