shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
たい焼き、たこ焼きに続け!! イルカ焼き 知ってイルカ

 「たい焼き」ならぬ「イルカ焼き」が8日、須磨海浜水族園(神戸市須磨区若宮町1)で売り出された。水族園一の人気者、イルカをかたどったお菓子で、その名も「スマイルカ焼き」。同水族園は「見た目も味も楽しみながら、ほっこり温まって」とPR。

 練乳や蜂蜜を加えた生地は、しっとりとした食感。粒あん入りとカスタード入りの2種類がある。

 イルカ焼きは、イルカライブ館の隣にある飲食店「マリンショップ2号店」が、「水族園ならではのオリジナル商品をつくりたい」と開発。当初は、エイやアザラシの案もあったが、やはり一番の人気者で愛らしいイルカをキャラクターにすることに。富山県の鋳物工房に、焼き型の制作を依頼した。

 尾びれを縦に振って泳ぐイルカは、魚の尾びれと向きが異なる。生態を忠実に表現するのにこだわり、いったん完成した型を作り直してもらったという。商品名は、水族園の愛称「スマスイ」とイルカ、スマイルを掛け合わせ「スマイルカ焼き」と名付けた。

 同店の中山弥生さんは「見た目もかわいく仕上がった。食べるときはぜひ、尾びれの向きに注目してほしい」と話している。

 春までの限定販売。150円。

須磨海浜水族園TEL078・731・7301

(2011年12月9日 神戸新聞掲載)

戻る