shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
レーブドゥシェフ、アイス専門店で東京進出

アイスクリーム専門店を新たに設立し、東京に進出したレーブドゥシェフの佐野靖夫社長=神戸市垂水区名谷町

 神戸と大阪で洋菓子店6店を展開する「レーブドゥシェフ」(佐野靖夫社長、神戸市垂水区)は、アイスクリーム専門店「リタティーノ」を立ち上げ、東京進出を本格化させている。運営会社を新たに設立して今年5月から出店を始め、全国展開も目指す。

 1号店は東京都港区麻布十番で開店し、10月にはJR有楽町駅前のルミネ有楽町店内に出店した。テレビや雑誌で話題になるなど注目を集めているという。

 アイスは、レーブドゥシェフが16年前に発売し、ソフトクリームのような軟らかい食感が特徴。通常より6度ほど高い零下6度で保存し、食感を維持している。人気が高いことから専門店化を決めた。

 店舗の運営・展開を担う新会社は、レジャー・サービス関連の都商事ホールディングス(神戸市中央区)の完全子会社(同)と、佐野社長らが共同出資して設立した。資本金は1千万円。

 店頭ではアイスのほかアイスパフェも販売。注文を受けてから、パティシエ(菓子職人)が客の前で果物を盛り付けるなど演出を凝らす。パフェの持ち帰り用の紙製箱は開発に2年かけ、ドライアイスの詰め方を工夫するなど適温が保てるようにした。

 佐野社長は「全国の主要都市を中心に出店し、将来的には海外へも進出したい」としている。

(2011年12月3日 神戸新聞掲載)

戻る