shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
宝塚大劇場の「宝塚フィナンシェ」 連日完売

人気急上昇中の「宝塚フィナンシェ」

宝塚大劇場で10月から試験販売されている「宝塚フィナンシェ」が連日完売している。同市内の洋菓子店のパティシエ5人が総合監修し、知的障害者支援事業所が製造。土日には1時間足らずで売り切れる人気ぶりだ。

同市の委託を受けた市内の広告企画会社・クルーズが、土産物として手軽で食べ応えのある洋菓子を検討。金塊に似ているため「金持ち」というフランス語にちなんだとされるバターケーキ「フィナンシェ」が、宝塚の「宝」を連想させるとして選ばれた。パティシエらがレシピを提供し、製造も指導。菓子作りに実績のある社会福祉法人宝塚さざんか福祉会「宝塚けやきの里」で手作りしている。

大劇場のレビューショップTで、化粧箱入り5個セット(700円)を1公演日に5箱、2公演日に10箱を限定販売するが、午前中に完売。大劇場の担当者は「倍(20個)は売れる」とみる。クルーズは「増産も考えているが、現状は一つ一つ丁寧に生産する限定発売にこだわりたい」。劇場内売店(観劇チケットが必要)では1公演7個のバラ売りもある。クルーズTEL0797・74・4719

(2011年11月2日 神戸新聞掲載)

戻る