shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
お菓子の街 神戸・東灘を巡ろう スイーツバス出発進行

10月15日〜11月20日の土、日、祝日運行
35店で特典製造体験も

ラッピングされた「ひがしなだスイーツめぐりバス」のイメージ

多彩な和洋菓子店が集まる神戸市東灘区を「スイーツの街」としてアピールしようと、巡回バスが10月15日から11月20日までの土、日曜日と祝日に運行される。期間中、ケーキやチョコレートづくりを体験できるワークショップ、工場見学などもあり、主催者は「甘くてすてきな秋の一日を過ごしてほしい」と呼び掛けている。

 「ひがしなだスイーツめぐりバス」で、区連合婦人会や区内の菓子店、行政、大学などでつくる実行委員会の主催。実行委によると、同区には全国的に有名な菓子店の本店や名店などが100店舗以上あるといい、「点ではなく面で東灘の魅力を発信しよう」とバスの運行を発案した。事業費は約260万円。

 バスは58人乗りで、御影、岡本、住吉地域などを巡る一周約8・4キロを運行。終日フリーパスで、大人200円、小学生以下と70歳以上は100円(3歳未満は無料)。運行時間は午前10時〜午後6時で、計14便を予定している。区内の菓子店35店舗が協力し、運行日には割引や試食などの特典を受けられるという。

 実行委員長の西村順二甲南大教授(マーケティング論)は「東灘区で育まれてきたスイーツ文化は貴重な地域資源。バスで巡ってその魅力に触れてほしい」と話す。

 バスは、来年以降も期間限定で運行する予定。チケットはJR三ノ宮駅前の神戸市総合インフォメーションセンターや東灘区役所などで販売。車内でも購入できる。市総合コールセンターTEL078・333・3330

(2011年9月17日 神戸新聞掲載)

戻る