shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
デザイナーとパティシエがコラボし斬新ケーキ 洋菓子デザインアワード

洋菓子職人が装飾の微調整など仕上げに取り組んだ最終審査会

 神戸の有名洋菓子店の職人が、一般公募のデザインを基に腕前を競う「神戸洋菓子デザインアワード」の最終審査会が6日、神戸市産業振興センターであり、異分野同士のコラボレーションで斬新なケーキがそろった。

 県洋菓子協会などでつくる実行委員会の主催で5回目。今年は、神戸▽走る▽食べる▽スイーツ▽男子▽女子―の6テーマで菓子のデザインを公募し、学生や会社員ら14人の作品が選ばれ、市内14店の職人が再現した。

 審査会は、表現力、技術、味、アイデアの4項目で採点。グランプリを受賞した「太陽の落し物」は、棒付きアイスキャンデーを模して、チョコレートの焼き菓子に持ち手を付けた。持ち運びしやすい機能性を盛り込んだ点が高く評価された。

 準グランプリ作品「KOBE BIJINN」を手掛けた洋菓子職人、今村幸路さん(44)は「発想が意外で、洋菓子作りの参考になった」と話した。

 受賞作は、神戸マラソンが開かれる11月20日前後に自店で販売する。

 結果は次の通り。敬称略。デザイナー、店舗の順。カッコ内は洋菓子職人。

 【グランプリ】古谷絵梨、御影高杉(高杉文博)【準グランプリ】松本理紗子、モンブラン(今村幸路)▽長岡真央、アンテノール(清水隆史)

グランプリの「太陽の落し物」

準グランプリの「KOBE BIJINN」

準グランプリの「Statice」


(2011年9月7日 神戸新聞掲載)

戻る