shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
名水「鴨川清水」でゼリーを 加東市の洋菓子店
地元の名水「鴨川清水」を使った「加東銘水ゼリー」

 節電の夏、涼しげな夏の味覚をどうぞ―。加東市南山の洋菓子店「グーテンアペティート」で、地元の名水「鴨川清水」を使った「加東銘水ゼリー」が新発売された。オーナーの菓子職人、中島勇作さん(28)が考案。加東特産の「やしろの桃」の果汁や果肉入りの桃ゼリーのほか、コーヒー、オレンジ味の3種を販売している。

 ゼリー作りにはおいしい水が欠かせないが、中島さんは地元で売り出し中の「鴨川清水」に着目。試行錯誤を重ね、完成させた。出来上がったゼリーは、「甘すぎず、さっぱりめの味わい。贈答用にもどうぞ」と同店店員。
盆明けごろには、ブドウ入りのゼリーも販売予定という。

 同店では、加東特産の酒米山田錦の米粉を用いた商品開発に力を入れており、ロールケーキ「東条ロール」や「山田錦シフォン」も人気を呼んでいる。銘水ゼリーは1個90グラム入りで、210円。カップ付きは231円。販売期間は9月までを予定している。同店TEL0795・20・1021

(2011年8月12日 神戸新聞掲載)

戻る