shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
食べるの惜しい!? コアラ型のシュークリーム

手作り、1日30個限定 南あわじの菓子店販売

コアラをモチーフにしたシュークリームとクッキー=パティスリートミナガ

観光施設「淡路ファームパーク・イングランドの丘」(南あわじ市八木養宜上)で、このほど愛称が決まったコアラ4頭をモチーフにしたシュークリームを、市内の菓子店が開発し販売している。淡路産の素材をたっぷり使ったこだわりの商品はかわいらしい姿で、店は「4頭とともに淡路の名物になってほしい」と期待する。

同市賀集八幡の「パティスリートミナガ」。店長でパティシエの富永真朗さん(35)が、同施設に4頭が来た3月、人気者にあやかろうと発案した。

直径6、7センチのクッキー生地入りのシュークリームを顔に見立て、円形のクッキーで耳、渋皮グリの甘露煮で鼻、小豆で目、チョコレートで口を表現。牛乳と卵は島内産、小麦粉は国内産と素材にもこだわり、素朴な味わいに仕上がっている。ショートケーキやモンブランでも試作を重ねたが「シュークリームが味、見た目とも一番バランスがよかった」と説明する。

6月中旬から店で販売すると、子どもを中心に「かわいい」「食べるのがもったいない」と人気。ただ、すべて手作りのため「1日30個が限界」という。

同店で1個230円で販売し、イングランドの丘のレストランでもドリンクとのセットで550円で提供。富永さんは「見た目のかわいらしさと素朴な味わいを楽しんでほしい」と話す。コアラをかたどったクッキーも近く発売する予定という。

シュークリームは午後1時ごろ店頭に並ぶ。営業時間は午前10時〜午後7時。水曜、第1火曜休み。パティスリートミナガTEL0799・53・9678

(2011年7月14日 神戸新聞掲載)

戻る