shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
山羊ミルクのケーキ、そば湯ゼリー… 召しませ生田村スイーツ

淡路市のそばカフェで新メニュー登場

新たなメニューとして売り出される「山羊ミルクのケーキ」(右)と「そば湯ゼリー」(左)=淡路市生田畑

 淡路市生田地域の特産そばの製造・販売拠点「そばカフェ生田村」の新メニューとして「山羊(やぎ)ミルクのケーキ」「そば湯ゼリー」が6月18日から登場する。ケーキはミルクの味が濃厚で、ゼリーはほんのりと甘いのが特徴。関係者は「そばを食べた後のデザートとして楽しんでほしい」と話している。

 カフェは地元住民でつくる生田地域活性協議会が保育所跡を改装し、今春開設。地域で生産するそばを売り出したところ観光客に好評で「家族連れにも来てほしい」と子どもも楽しめるメニューとして考案。施設内で飼育するヤギのミルクに目を付けた。

 ケーキ(200円)はヤギの乳からチーズをこしらえ、オーブンでふんわりと焼き上げる。ミルクの味とともに、こんがりとした香ばしさが口中に広がる。

 ゼリー(150円)はそば湯とゼラチンを混ぜて下地を製造。ソバの花から作ったハチミツと黒みつを混ぜ、ケーキの上にかけて食べると、控えめな甘さが楽しめる。

 試作品を姫路市の料理研究家に味見してもらったところ、「ケーキはしっとりした食感がいい。ゼリーも食べやすくておいしい。すぐに商品化できる」とお墨付きをもらった。同協議会の近藤千萬彦会長(80)は「多くの人に喜んでもらうため、今後もいろんなメニューを考えたい」と話している。

(2011年6月9日 神戸新聞掲載)

戻る