shop search
contents
ニュース&ヒストリー
職人の技
職人のレシピ
今売れてます!自慢のスイーツ
デパチカNow!!
口コミ情報
about this site
このサイトについて
リンク
キャラクターについて
神戸新聞へ
RSS1.0
My Yahoo!に追加
神戸洋菓子職人阪神間のスィーツの最新情報やその歴史をお届けします。
Sweets News
食べたい「クリスマスケーキ」はどれ?
親子で試食会 そごう神戸店

ミシュランさながら 最後はお母さんに「おねだり」も

 クリスマスを前に、母親とこどもを対象にしたクリスマスケーキ試食会が9日、そごう神戸店にて開催された。親子でケーキを試食し、今年のクリスマスに食べたいケーキをこどもに選んでもらうという趣旨のもと、13組の親子が参加。フーケやアンテノールなどの、約18種類のケーキを食べ比べた。

 同店で試食会が行われるのは今年で3回目。以前はOLを対象にしていたが、今年はテーマを「家族愛」とし、家族で楽しめるケーキを用意。定番のいちごのケーキをはじめ、マンゴーやメロンを用いた鮮やかな色使いのものや、ユニークな形の見た目にも楽しいケーキが並んだ。高さが約40センチもあるスノーマンのケーキが登場すると、会場から歓声があがった。

 こどもたちは「ちびっこミチュラン認定員」の名札シールをつけ、ミシュランさながらの真剣さでケーキを選定。会の締めくくりには、こどもたちがいちばんおいしいと思ったケーキの番号を紙に書いて、母親に手渡し。今年のクリスマスケーキ選びの参考にしてもらう。灘区から訪れた男の子(6)は、「楽しかった。スノーマンのケーキがおいしかった」と大満足のようすだった。

 また、御影高杉のプロのパティシエによるデコレーション教室も行われ、コック帽をかぶったこどもたちがケーキのデコレーションにも挑戦した。

戻る